土曜日に湾生回家というドキュメンタリー映画を見に行ってきました。
お爺さんとお婆さんたちの実話でしたが、若い人はたくさんいますからなんか意外でした。

台湾と日本、人と人との繋がりの絆が見えるって事とか本当に幸せ感じました(小並感

戦争の悲劇性とそこから生まれる強さ、これは時代の流れだから仕方がない。
そんなことを繰り返さないように、今をどう生きるか、それは大切なことと思います。

日本人の年寄りが「台湾に生まれてよかった」と言ったら、あたし涙が出てきた。
これがふるさとというやつなのでしょうか。

 

Miyu 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()